• 弁護士事務所の電話代行は熟練したオペレーターが必要

    電話代行サービスには、弁護士事務所に特化している所があります。
    同様の業務を提供している会社の中でも、特にベテランで能力が高いオペレーターが常駐していることが多いです。

    電話代行サービスは、依頼者の企業や事業所の代わりに電話応対をするものです。



    弁護士事務所の電話応対場合は、法律用語が含まれる用件の内容を理解することの他に、とっさの場合に機転が利くかどうかも大切になります。


    弁護士は裁判への出廷や公共機関への手続き等で外出していたり、依頼人との面談中で電話に出られなかったりします。


    事務員が常駐している事務所であればいいのですが、一人で仕事をこなしている場合は難しいでしょう。



    電話代行サービスでは、顧客との面談時間を調整したり、役所から電話がかかってきた時には、裁判に関する日程を確認したりすることもありますが、急を要する用事があるときには、瞬時に弁護士に連絡をとるべきか判断しなくてはいけません。
    非常に大変な仕事ですので、経験を積んだオペレーターでないと、失礼のないように対応するのが困難だと考えられます。

    通常の電話代行サービスでは、電話があったことをファクスやメールで1日の終わりに通知するだけでいい場合があります。

    しかし、弁護士事務所への電話代行サービスは、依頼人のスケジュールの把握をして、空き時間の状況などもくみ取る必要があります。



    依頼や役所から急ぎで連絡がほしいと依頼されたら、メールだけでなく、直接携帯電話宛に電話があったことを知らせて、対応することも必須となりことがあります。