• 独立開業する弁護士に利用される電話代行

    電話代行サービスは、独立開業する弁護士に活用されています。



    弁護士は忙しく、日中事務所にいない場合も多いです。

    留守番電話や携帯電話への転送などによって対応をすることもできますが、レスポンスが悪くなってしまうのは印象が良くありません。


    留守番電話なら、いつ連絡がつくのかわからないですし、転送の場合も忙しければ出られるわけではありません。
    そのため、電話代行を利用して、対応を代わりに行ってもらうことには利点があります。


    電話代行業者は、かかってきた電話を受けとってくれますが、そこで弁護士につなげられる場合にはつなげてもらうようにすることもできますし、あらかじめ対応をすることができない場合には、伝言を聞いておいてもらうことができます。



    具体的なサービスは業者によって異なりますが、対応した電話の内容についてメールで連絡をしてくれるところや、会話内容を録音して、そのデータを送信してくれるところもあります。



    これならば、対応がしっかりとしているイメージを持ってもらえますから、見込み客を逃すことが無くなります。


    電話代行業者の中には、弁護士専門サービスを提供しているところもあります。


    例えば、専門用語の聞き取りなどは、その知識がないとスムーズに行うことができないため、間違いが発生してしまう可能性があります。
    しかし、専門サービスは、費用は高くなる分、きちんと教育を受けたオペレーターが対応しますので、その点は安心できます。